見出し画像

『荒木博行のbook cafe』〜リスナーが選んだ!神回放送まとめ〜

先日行った、荒木博行さんがパーソナリティを務める『荒木博行のbook cafe』神回放送アンケート!!沢山のリスナーの皆さんにご回答いただきました。ありがとうございました◎

ということで、今回は結果を発表いたします〜!150回程の放送の中から、神回として一番多くの票を獲得したのは、こちらでした!

『交渉プロフェッショナル』

交渉プロフェッショナルの著者であり、国内・国際紛争を解決するための調停のお仕事をしている、島田久仁彦さんをゲストに迎えした放送。

私には難しい話かも…?そう思ったあなた!交渉と聞くとビジネスライクな印象がありますが、日常のコミュニケーションを行う上でも活かせるヒントが沢山詰まった放送だったんです。リスナーの皆さんのおすすめコメントを見てみましょう!

「自分が理解されていると感じることは、おそらく麻薬以上の依存度が高い」という言葉がものすごく印象に残っています。

交渉の場では、相手に「自分の考えている事をうまく言えなかったかもしれないのに、ちゃんと理解してくれた」と思わせることが大切なんだそう。そう感じてもらうためには、「自分の考えは横に置いた上で、相手の言ったことをまとめ直してあげる」と島田さんは仰います。

交渉を優位に進めるために、こんなポイントもあるようです。

相手に余白を埋めさせることで交渉を支配することができる、という発想に考えさせられました。実際の仕事の場面でも、この考え方が役に立ってます。

相手の主張を40,50点理解した状況を提示して、残りの穴を相手に埋めてもらうスタンスをとることで、相手に話をしてもらいやすい状況を作れるのだそうです。

さらに、「理解はすれど共感はしない」というキーワードも出てきました。

ビジネス交渉だけでなく、日常のコミュニケーションにも使える内容が詰まっていて、営業の時やメンバーマネジメント、メンバーのモチベーション管理にとても参考になりました。交渉下手なので放送当時10回くらい聴きました笑特に印象に残ってるのは、相手の要求が飲めない時には「理解はすれど共感はしない」というスタンスを取るという部分です。

「理解を示す」ということが人間関係構築において、いかに大切かということが浮かび上がってきますね。職場・家庭内でも活かしていきたい姿勢です!

『嫌われる勇気』

続いて人気だった放送は、『嫌われる勇気』について取り上げた回。実は、荒木博行さんが働かれているFlierの社長、大賀康史さんも神回として挙げられていました!

全3回の放送の中でも「対人問題解決のための課題の分離」についてお話されていた、第2回目が印象に残った方が多いようです。

下記のようなことをおっしゃっていて、個人的に残しているメモの中でも特に印象的であった。「あなたを認めるか認めないかは上司の問題。あなたは自分の信じる最善を尽くせば良い。その先の評価は上司の問題なのでどうでも良い。人の問題にまで踏み込まない。他者から自由になりましょう。
他者評価との向き合い方、自分自身の人生を生きる事の大切さを改めて認識出来た。

「よし!他人のことは意識せず生きよう!」と言っているのではなく、他人との関係性において、自分の役割定義をしっかりと意識して、そこはちゃんとやり遂げる。しかし、やり遂げた後の評価は人が決めることなので、自分が悩む必要はない、と荒木マスターはお話されています。

この強いメッセージで救われる人がどれだけいるでしょうか…!こんなご意見もありました。

最も繰り返し聴いたので。たぶん10回以上。ジョブススピーチへの繋げなど、荒木マスターの脳内思考の神拡がりがわかりやすく、誰でも気づきがあるはず。初心者にもお薦めしたい!

「神拡がり」と言わしめる、ジョブのスピーチの事例。ガン告知を受けたジョブスは、このように話したそうです。

あなたの時間は限られています。他人の考えに溺れるあまり、自分の内なる声がかき消されないようにしてください。何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。

人の評価に振り回されず、人生の人生を生き切ることの大切さを説いたこの放送は、まさに誰にとっても気づきのある神回と言っても過言ではなさそうです!

**************

まだまだ沢山のご回答をいただいたのですのですが、残念ながら今回ご紹介するのはここまで!皆さんの回答は、全て荒木マスターにお届けさせていただきますね♬ご協力頂いたリスナーの皆さん、本当にありがとうございました!

一見矛盾するように感じるかもしてないですが、荒木マスターの放送は、穏やかに、温かい活力を与えてくれる、そんなチャンネルです。

今回のnoteではご紹介仕切れない魅力に溢れておりますので、まだ聞いたことないけど放送が気になる〜!と思ったあなた、まずはこちらから他の放送をチェックしてみては?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

Voicyファンマガジン

ボイスメディア「Voicy」のファンマガジンです。 ここにはVoicyの魅力がたっぷり詰まっています! #Voicyを投稿記事につけて、一緒に盛り上げてもらえたら嬉しいです!ボイスメディア「Voicy」はこちらから!https://voicy.jp/

チャンネル紹介

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。