見出し画像

#Voicyファンラボ 2期生の募集スタート! どんなコミュニティになるのか、大公開しちゃいます!

こんにちは、Voicyコミュニティマネージャーの榎本彩花です。

2019年6月7日、ついにVoicyファンラボ2期生の募集がスタートしましたーーー!!

このnoteは、「Voicyファンラボに入ろうかな〜どうしようかな〜」と悩んでいるあなたに向けて書きました。

Voicyファンラボ2期生がどんなコミュニティになるのか、企画している私がいま考えていることを大公開しちゃいますっ!

Voicyのリスナー仲間といろんなことができるって、めちゃくちゃ楽しいですよーーー!(元ファンラボ1期生が自信をもってお伝えできます。)

---------------------------------

★この記事は音声でもお楽しみいただけます★

▼1期生コミュマネ みのりー・2期生コミュマネ えの、2期生の活動内容を掘り下げる!

▼代表緒方、「コミュニティ=七輪」を語る!

---------------------------------

◆ Voicyファンラボって?

Voicyファンラボとは、Voicyのファンであるあなたが、Voicyと一緒に、社会にワクワクを増やすことができる、オンラインコミュニティです。

つまり、とにかくVoicyやパーソナリティのことが好きなファンが集う、リスナーコミュニティです。

基本的に、オンライン上でコミュニケーションをとり、月に数回、みんなで集まってオフ会を実施する、そんな活動形態です。

1期生の活動期間は、2018年8月〜11月の4ヶ月間。およそ50人のメンバーが、4つの研究室に分かれて活動をしていました。

1期生がどんな活動をしていたのかは、以下のnoteにまとめていますので、気になる方はこちらをチェックしてくださいね!


◆ 2期生はどんなコミュニティになるの?

ファンラボ2期生には、仲間と一緒にとことん新しいチャレンジをして楽しみまくる『研究室』と、みんなで盛り上げたり、Voicyで放送を楽しんだりする『◯◯隊』をつくりました!でーーーーん!


『研究室』では、「プロデュース」「コミュニティ」「プロモーション」「クリエイティブ」の領域に分かれて、ファンラボメンバー同士で新しい挑戦に取り組みます!

それぞれの研究室では、チャレンジする項目ごとに「プロジェクト」を立ち上げ。
研究室に配属されたファンラボメンバーは、各々がやりたい「プロジェクト(=PJ)」に関わっていきます。(ex. 「パーソナリティインタビューPJ」「音声デザインPJ」「音声×コミュニティ活性化PJ」)

もちろん所属していない研究室から生まれたプロジェクトに、外から入ることも可能!
途中で研究室やプロジェクトを行き来することもできるので、とことんやりたいことにチャレンジできます◎

※ 研究室ごとのプロジェクト例は、応募ページをご覧ください。

どれも初めてのチャレンジになると思います。私も今からドキドキです。笑
でも最初はうまくいかなくて当たり前。壁にぶつかったら、みんなで研究し、乗り越えていくところまで一緒に楽しめる。そんな仲間になれたら嬉しいなーと思います!


一方、『◯◯隊』では、リスナー仲間と一緒に、ファンラボメンバーのプロジェクトを盛り上げて応援したり、パーソナリティさんの放送をとことん聴いて楽しんだりします!(これは1期生になかった、新しいチームです◎)

『みんなで盛り上げ隊』は、どのプロジェクトにも参画しないけれども、プロジェクトから生み出されたアウトプットに対して、「いいね!」やコメント、Twitterでの拡散をして、みんなで一緒に盛り上がろう!というグループです。

Voicy仲間と一緒に、みんなでワイワイ話したりツイートしたりしていると、さらにVoicyライフが充実して楽しくなります。新しいパーソナリティさんに出会えるかもしれません。
こうして盛り上がっているだけで、パーソナリティさんやVoicy社員の心強いパワーになります!!


そして『ゆるゆる楽しみ隊』は、プロジェクトに入ることも、無理に盛り上げることもせずに、Voicyをひたすら聴いて楽しみたい!というメンバーに入ってほしいグループ。

聴くだけなのに何故コミュニティに…?と思うかもしれませんが、サッカーの応援と同じで、”共通のものごとで盛り上がれる仲間がいる” 幸せってあると思うんです。
ファンラボにいれば、常にVoicyのことを好きな仲間がいる。そして、「Voicy」という共通点のもと何でも気軽に話せる。

ときには仲間と一緒に想いをシェアしながら、思いっきり「ゆるゆる楽しんで」ください◎


◆ みんなが気になる◯◯に回答します!

今回のファンラボ2期生募集にあたり、2回の説明会を実施しました。
参加してくれた皆さんからいただいた質問に、いくつかお答えします!

Q. 活動の頻度は?
A. 研究室やプロジェクトによって異なりますが、基本的にオンラインでのやりとりがメインなので、時間のあるときにチェックしてもらえればOKです!1期生では、毎日1投稿以上は話し合いのスレッドが動いている状態でした。
月1回、全体で集まる場を設けますが、プロジェクトごとに集まることも可能です。
ご自身が「やりたい!」と思う活動量で関わることが一番です!
Q. 遠方に住んでいるのですが、大丈夫でしょうか…?
A.
オフイベントには参加しづらいかもしれませんが、当日はFacebookライブで繋ぎ、後日でも映像を見れるようにするので、ご安心ください◎
また、基本的なやりとりはSlackのテキストベースで、プロジェクトによってはオンラインMTGを行うこともあるかもしれません。
「みんなと仲良くなりたい!」という気持ちが大事ですね!
Q. 貢献できるかどうか、心配です…!
A. 「貢献したい」と思うことは、とても素敵ですし大事です。ですが、何より「楽しむ」ことが何よりも大切だと思っています。
やっていることが楽しくないと、だんだん辛くなってくるし、全然できなくて焦るし、何も貢献できない……そんな悪循環になってしまうと考えています。
ですので、安心して思いっきり「楽しんで」ください!楽しんでいれば、きっと周りもワクワク&ハッピーになりますよ!
Q. それぞれの「研究室」「隊」の人数比はどのくらいになりますか?
A.
 今回100人のメンバーを募集しており、4つの研究室がそれぞれ15人ずつ、2つの隊が20人ずつになるのでは、と想定しています。
あまりに偏りが出てしまう場合は人数の調整を行いますが、基本的には皆さんが入りたい研究室・隊に所属してほしいと思っています。
その方が、やりたいことにチャレンジできて、常にワクワクした状態で楽しめると思っているからです。せっかくファンラボに入るなら、全力で楽しみましょう♪

他にも気になることがあるかもしれません。
そのときは、Twitterで「#Voicyファンラボ」のハッシュタグをつけてツイートしてください◎
すでにファンラボに参加しているメンバーや私からお返事しますっ!


◆ Voicyファンラボ2期生に入ると、何がいいの?

もしあなたがVoicyファンラボ2期生になったら。

たとえプロジェクトが違っても、なかなか活動できなくても、東京から遠く離れたところに住んでいても。

あなたがVoicyを聴いているリスナー / ファンであれば、間違いなく楽しめます!
なぜなら、かけがえのない仲間ができるからです!

もちろん、急成長スタートアップVoicyの裏側や組織・サービスのつくりかたを覗けたり、パーソナリティさんに会えたり、学びと実践の場になったりと、会社でもなかなかトライしにくいプロジェクトやメリットをたくさん用意しています。

しかし、それ以上に、このたった4ヶ月間で、Voicyのことを一緒に語れる仲間ができます。

ファンラボは、Voicyのことが好きな人たちの、会社・学校以外のサードプレイスでありたい、と思っています。
共通の「Voicy」が大好きで、Voicyやパーソナリティさんについて思ったことを何でも言える、そんな関係性を築くことができる場にしたいです。いや、そんな場にします。


・ボイスメディアVoicyのことが好き!
・パーソナリティさんの放送をひたすらに聴いている!
・Voicyの裏側や緒方さんの話を聴きたい!
・仲間と一緒に、新しいチャレンジをしてみたい!

そんなあなたなら、Voicyファンラボに入って後悔することはないと思います。

安心して飛び込んできてくださいっ!!

以下の募集ページから、ご応募お待ちしております。
<1次応募締め切り:6月16日(日) 23:59まで>

---------------------------------

もうすでに仲間が増え始めています!あなたも一緒にファンラボで、社会にワクワクを増やしていきませんか?


さぁ、あなたはVoicyファンラボで、どんなワクワクをつくっていきますか?
<1次応募締め切り:6月16日(日) 23:59まで>


#Voicy #Voicyファンラボ #オンラインコミュニティ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
ボイスメディア「Voicy」のファンマガジンです。 ここにはVoicyの魅力がたっぷり詰まっています! #Voicyを投稿記事につけて、一緒に盛り上げてもらえたら嬉しいです!ボイスメディア「Voicy」はこちらから!https://voicy.jp/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。