見出し画像

『地球のみなさんこんにちは』〜リスナーが選んだ!神回放送まとめ〜

先日行った、石松拓人さんがパーソナリティを務める『地球のみなさんこんにちは』神回放送アンケート!!沢山のリスナーの皆さんにご回答いただきました。ありがとうございました◎ということで、今回は結果を発表いたします〜!

「あの」大演説が聞ける!

一番人気だったのは、記憶に残る大演説が聞ける回でした!リスナーさんも、

忘れられない大演説があったから

と、演説が聞けたことを、神回に選んだ理由としてあげています。

冒頭、ZOZOの前澤社長が宇宙に行くことを発表したニュースを取り上げた石松さん。前澤さんのスピーチの中に印象的なフレーズありましたよね?「I choose to go to the moon」これ、実はケネディ大統領のスピーチのオマージュだったって、みなさん知っていましたか?

「We choose to go to the moon in this decade and do the other things, not because they are easy, but because they are hard.」「我々は10年以内に月に行くことにする。簡単だからではなく、難しいからやるんです」

宇宙好きであれば、誰もが知っているというケネディ大統領の演説モノマネを披露される石松さん!そうか、知らなかった!みんなこの演説が聞けて嬉しかったのかな〜?と思いながら聴き続けます。

すると、この大演説が別の物を指していることに気づきます...それは、リスナーの方からのこんなコメントから始まりました。

地球人代表を変える予定はないのですか?頓珍漢なやりとりを聞くとイライラします。宇宙に一切興味のない人が、このチャンネルを聞くと思えません。

このチャンネルでは、NASAで働く石松さんの奥様であるよしこさんが、地球人代表として石松さんと対談をされています。これを聞いた石松さん、ここから大演説が始まります!!!!

宇宙に興味ない人が、このチャンネルのターゲットだから。何かのきっかけでこのチャンネルを聞いて、面白いと思ってもらえなかったらもう失敗ですよ。僕のパーソナリティとしての敗北ですよ!上澄みだけを引っ張りあげるのではなく、裾野を広げる...僕とよしこさんは、高校から、20年来の付き合いなんですね。互いの性格的にも歯に衣着せぬ仲なので、丁々発止なやりとりが皆さんを不快にしているのであれば、ごめんなさい。でもこういう不毛ではあるけれど、丁々発止のやりとりを笑ってください。

これを聞いたよしこさん、「大演説〜」と大爆笑!!!リスナーの皆さんも...

頓珍漢なやりとりを…のチャプターの石松さんがもう最高です。お二人の想いが詰まってますね!
石松さんが感情を強くだされた回
よしこさんが大爆笑してる回

本当にその通り!このチャンネルと、よしこさんに対する想いが伝わってくる非常に聞き応えのある演説です。この放送を聞いたら、石松さんとよしこさんの事をさらに好きになる事間違いありません!

ファミリーエピソードで大爆笑!

続いては、お二人がどのように育てられたのか、を振り返っていた放送。

石松さん、喘息持ちだったそうなのですが、その原因は「きのもん=気の持ちよう」なので、気のコントロールをするように教えられたそうです。
さらに、「死ね」や「ぶっ殺す」などの汚い言葉を言うと、「おかみ(神)さまに謝りなさい!」と叱られていたそう。

こんなエピソードを聞いたリスナーの皆さんは...?

石松さんとよしこさんのご家族の話で、よしこさんの大爆笑につられて、電車の中で吹き出してしまった

そうなんです。石松さんのエピソードを聞いてよしこさん、「あはははははは〜!」と大爆笑。よしこさんの笑い声って、聞いてるだけで幸せな気持ちになりますよね〜◎こんな感想もありました!

気のもん、おかみさま、エレベーターで今日も元気に頑張ろう!などの超越エピソードをいくつも残しつつ、子育てを問われても何もしなかったんよと仰るお母様のお話に感動します。世界中に広まって欲しい、ほとんど神話。

NASAで活躍される石松さんがどのような環境で育ったのか気になりますが、「何もしなかった」と仰るお母さん、すごい...。ほっこりエピソードで心を温めながらも、ますます石松さんの子供時代が気になってしまう、そんな放送でした。

**************

まだまだ沢山のご回答をいただいたのですのですが、残念ながら今回ご紹介するのはここまで!皆さんの回答は、全て石松さんにお届けさせていただきますね♬ご協力頂いたリスナーの皆さん、本当にありがとうございました!

このチャンネルの醍醐味、それは何と言っても、「NASAジェット推進研究所システムズエンジニア」という、地球人にとっては難解なお仕事をされている石松さんと、我々地球人を代表してくださっているよしこさんとの夫婦漫才です。

よしこさんは、ご自身がラジオ番組を作っていたご経験があり、専門家と専門家の対談は、時に眠くなってしまうものだと仰っています。だからこそ、「頓珍漢であったとしても、疑問に思ったことは素直に差し出す」と決められたそう。

熱く語る石松さんに対して、「あら、そう〜」と薄めの反応で返したり、突拍子もない質問をされるよしこさん。この掛け合いがなんともクセになるんです!

生粋の宇宙好きから、漫画や映画などを通して宇宙に興味はあるけど、よくわからないと思っている方まで、他では聞けない宇宙エンターテイメントを楽しんではいかがですか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
ボイスメディア「Voicy」のファンマガジンです。 ここにはVoicyの魅力がたっぷり詰まっています! #Voicyを投稿記事につけて、一緒に盛り上げてもらえたら嬉しいです!ボイスメディア「Voicy」はこちらから!https://voicy.jp/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。