新しい英語チャンネル7つをご紹介!

3/5から、新しい英語チャンネル7つの放送が始まりましたが、皆さんもう聞かれましたか?

今回Voicyでは、様々な英語レベルに合わせた、複数のカテゴリの英語チャンネルが始まりましたので、自分にぴったりのチャンネルをチョイスして聞いてみてくださいね。英語学習を習慣化させたいけど中々続かない…そんなお悩みを持っている方、Voicyで英語をPick Upしちゃいましょう〜!

ということで、今回は新しく始まった英語チャンネル7つとそのパーソナリティの皆さんをご紹介していきます!

『Colorful??コロラド』 by Laura Powell (ローラ)

日本の大学に留学し、その後8年間日本に住んでいたLauraさん。2016年に実家のあるアメリカ、コロラド州に戻られたそうですが、日本語に触れられる機会が減ってしまい寂しく思っていたそう。

そんな時に出会ったのがVoicy。自然な日本語に触れられるのが嬉しくて聴き始めたそうです。自分がVoicyで日本語を楽しんでいるので、日本人のリスナーに自然な英語が聞ける機会をあげて恩返ししたい!そう思って今回パーソナリティに挑戦してくれました。(なんて嬉しい心意気!!)

チャンネルでは、アメリカにいる日本のことをよく知らない人、アメリカに移住してきた日本人、幼少期から日本が大好きな人など、様々な人にインタビューをしていくそうです。日本の何を知ってる?何をモチベーションに生きている?アメリカでは何が流行っている?などアメリカのフレッシュな情報をお届けしてくれます!

日本にいながらにして、アメリカの「今」を知れるチャンネルになりそうですね♪

『国際結婚と英語』 by 上川一秋 (Kaz)

米国コンサル会社シニアマネージャー。シカゴ大博士号取得。社会学博士。英語発音の教則本、「英語喉」著者。妻はアメリカ人。広島出身。仕事は統計分析。51歳で在米25年。愛犬家。

と、プロフィールを見ただけですごい〜!と唸ってしまうKazさん。13年程前にアメリカの企業に勤めていた時、自分が話しても白ける、話を聞いてもらえないという印象を持ったそう。これ、海外生活をしたことがある人のほとんどが、経験したことがあるのではないでしょうか?

そんな時、Kazさんは奥様からのアドバイスで、喉で響かせて英語を話すようにしたんだそうです。そしたら、アメリカ人がすごくフレンドリーになったんですって!詳細の方法は割愛しますが、私は顔合わせの時にこのお話を伺って、めちゃくちゃ面白い〜!と感激してしまいました。このような経験から、「英語喉50のメソッド」や「機関銃英語が聴き取れる!」という書籍も出版されています。

チャンネルでは、とっても渋くてかっこいい声で、社会や言語、国際結婚について語ってくださいます!「アメリカ人に聞いてもらえる英語の話し方」についても、いつか話してくださるのを楽しみにしたいと思います。

『Listen Up! 英語力』 by Aya

Ayaさんは、上智大学3年生で国際教養学部所属。3~15歳までの12年間、アメリカのNYに住んでいました。

声のお仕事に興味があり、文化放送×Voicyのオーディションに応募したいと思ったそうですが、日本語でうまく話せず断念。そんな時に、英語チャンネルのパーソナリティオーディションを見つけて、自分にぴったり!と思い応募してくださいました。

英語で考えるので、英語で話す方が楽!というAyaさん。これからは、リスナーの皆さんがポジティブになれるようなニュースやAyaさんの日常を届けてくださいます。

英語でコメントすると、文法的に正しいかどうかを教えてくれるそう!リスナーの皆さんが、Ayaさんとコミュニケーションを取りながら英語のレベルアップをはかれそうなチャンネルになりそうです!

『☆英語でキラリ☆やりなおし英語』 by Yuko April Ito

英語コーチをされているYukoさん。英語との出会いは10歳の時。アメリカ帰りの、隣に住んでいたお姉さんに、学校で習うことができない英語を教えてもらった所から始まりました。小学校の卒業文集では既に「英語の先生になりたい!」と書いていたそう。海外で働くために、大学では日本語教員免許を取得し、シンガポールの工科短大に新卒で入社されました。

英語を頑張って勉強した!と思っていたのに、シンガポールに行くと自分の英語が通じないことに気づいたそう。英語でただ喋れてもダメ。自分の意見や、エピソードを語れないと認めてもらえないということを実感されたそうです。(これ、私がアメリカに留学していた時も、すごく感じたことです!)

英語が話せない人の悩み、挫折、怖さは全て経験したと言い切るYukoさん。帰国してからは、語学から離れてイベント会社に就職。お母様が経営する幼稚園を手伝っていたことも。それでも英語への熱い思いは消えることなく、2016年、副業で英語コーチとして起業。2018年からは英語コーチ1本で働かれています。

チャンネルでは、映画やドラマに出てくるフレーズを用いて、日常生活で使える言い回しなどを紹介してくださいます!教科書に出てこない、使える英語を無理なく学びたい人にオススメです。

『ちょっと英語でいっぱいhappy』 by Yuna Kadomasu

21年間、アメリカLAで育ち、昨年11月から初めて日本に住むことになったYunaさん!大学に4年間通うつもりが早く卒業できたので(優秀〜!)、せっかくならいつか住んでみたいと思っていた日本に行ってみよう!と思ったんだそう。

日本に来て感じたことは、「日本の人は暗い、怖い。闇が深いのでは?」ということ。日本人は、もっと自分のことを大切にしたらハッピーになれる!と感じているそうです。好きで聞いている英語のPodcastは、「こうやったらもっと幸せになれる!」などのライフスタイル系の番組が多く、Voicyでは自分がリスナーの皆さんに、ゆるくハッピーになれる方法をお話していく、ということです!

日本に来て、初めての一人暮らし、就職、そして一からの友達作りなど、人生をリセットしているというYunaさん。これから何かを始めようとしている人、やり直したい人、Yunaさんの放送を聞いて、一緒にモチベーションを高めてチャレンジしていくのがいいかもしれません!

『#リサの挑戦 #英語』 by Risa Murakami

中学生の頃から英語が好きだったというMurakamiさん。英語はよくわからないけど、発音を真似するのが上手で、覚えた英語を友達や家族に披露するのが楽しかったそうです。

中学2年生の時、そんなMurakamiさんを見て、先生から英語のストーリーコンテストとに出てみない?というオファーがありました。これをきっかけに、英語はずーっと得意で、好きなものになっているそうです。

チャンネルでは、Murakamiさんが今年挑戦する様々なことを紹介していきます。例えば、10日間の瞑想合宿、屋久島トレッキング、コーチングスキルの習得など。それ以外にも、ふるさと納税など日本独自の制度や文化について英語で紹介される予定です!

「初歩的な会話ができる人は多いけど、次のステップに行くのが難しい」と話すMurakamiさん。全編英語の放送は難しそう、、、と思っている皆さんは、日英両方で放送されているMurakamiさんのチャンネルで、少しずつステップアップしていくのはいかがでしょうか?

『ドクターあゆみの英語で科学』 by Ayumi Koso

国立の研究所で、広報として働いているKosoさん。日本の研究所の成果や情報を、海外のメディア向けに発信するお仕事をしていらっしゃいます。扱っている研究のカテゴリは、宇宙、生命化学、歴史などとっても幅広いです!

元々ご自身が研究者をされていたそうですが、社会と研究所や大学の接点を作ることを仕事にしたいと考え、広報のお仕事に就かれたそうです。落合陽一さんのように発信が上手な研究者もいるけれど、多くの日本の研究者は、海外の研究者と比べて積極的に発信する人が少ないそう。

日本人の研究者の認知度をもっとあげて、競争力を高めることを応援したいと、Kosoさんは国際的な情報発信に携わる人のためのイベントを開催し、ネットワーキングやスキルアップを行なっています。

チャンネルの中では、日本で行われている科学や研究のダイジェストを英語でお届けする他、研究者との対談を通して、研究者の素顔を紹介されるのだとか!国際的な競争力が弱まっていると言われている日本ですが、日本がどんな研究を行なっているのか、このチャンネルを通してキャッチアップしていきたいですね!どんな貴重なお話が飛び出すのか、楽しみです◎

*************

ということで、たっぷり7つご紹介しましたが、自分にぴったりのチャンネルは見つかりましたか?

私も英語を勉強したい!と、過去オンラインで英語の音声コンテンツを聞いていましたが、私たちの日常に近いトピックを題材にしたコンテンツが少ないと感じていました。Voicyの身近に感じられるコンテンツを通して、英語学習を無理なく、楽しく続けられるようになれば本望です。

英語を上達させたい方が、「英語と言えばVoicyだよね!」と言ってくださる日が来ると嬉しいな〜。3月は英語チャンネル強化月間ということで、新設された7チャンネルの応援をよろしくお願いします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

チャンネル紹介

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。